&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
000000000000000000000000000000000000
0000000000000000000000000000000000000000000000000000

2009年04月26日

F650GS 整備記録 ウォーターポンプ交換

今週末は4年程前に交換した愛車F650GSのウオーターポンプが再び交換時期を迎えた。そこで今回2回目の交換である。
P4256143.jpg P4256144.jpg
交換部品一式      ここのネジは外しにくい 
P4256145.jpg         
オイルを抜く

P4256165.jpg P4256166.jpg
冷却水も排出      ボルト類を外しまくる
P4256171.jpg         
お久しぶりの裏側

私は排気管も接続を外し作業している。するとクラッチケースは簡単に外れる。

P4266175.jpg P4266176.jpg
塗装を補修       ガスケットは本体側へ
P4266178.jpg         
クラッチのピンの向きに注意

P4266183.jpg  P4266181.jpg                 組み立て完了       左が今回分右は前回の物

この作業で一番時間がかかるのはオイルの排出作業だ。
オプションの塗装補修はさび止めと上塗りを実施。

注意点
@ポンプ用のプラスチック製ギアーははめ込まれているだけなのでマイナスドライバー等でこじって外す事が出来る。

Aポンプ用シールは2つの間が空くようにはめ込む。
   (2つのシールの間隔は間にもう1個シールが入る位で、冷却水側のシールを押し込みすぎてドレンを塞ぐとオイルと冷却水が混じる事になる。)

「店の整備ミスをこのバイクの弱点などと信じ込まされている方が居るのはとても残念」

B組み立て時、クラッチ中心部の軸の向きに注意が必要。

用品一式16千円

工具はそれなりに沢山必要。

3回目はいつになるかな? 本日外は積雪5cm、なんとも寒かった。
posted by 佐藤D at 22:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F650GS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
##################################################################
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。